必見!女子旅で宿泊したくなるホテル

のんびりゆったり、女子力アップ!

旅行のイメージ・シミュレーションの勧め

女子にとっては、観光よりも食事重視となる場合も多いと思います。 ある時期限定の食べたい物をターゲットにして、料理がおいしいホテルを選ぶこともあるでしょう。 宿泊施設のホームページには食事の写真が載っていることが多いので、それを比較して選ぶというのもいいですね。

美味しい食事

近年、宿泊施設のサービスには、色々な趣向が凝らされています。
特に、女性をターゲットにしたサービスを提供する宿泊施設は多くなっているようです。
例えば、きれいな模様の浴衣を選べるサービスは、とある宿泊施設が始めてから、他でも取り入れるようになってきました。
女子たちは、どこに魅力を求めてホテルを決めるのでしょうか?

「やっぱり、一番は食事がおいしい所かな!」
「和室で、大の字になって寝たい~。」
「温泉がいいわ。」
「できれば露天風呂付きでね。」
「観光地も近い方がいいかもね。」
「パワースポットなんかも、はずせないわよね。」
「ナントカ体験ができるなんていうのも面白そう!」

こんなふうに、おしゃべりをしながら旅行プランを考えている時から、わくわくして楽しいものです。
季節にもよりますが、どちら方面に行きたいか・何を見たいかなどを決めてから、そのエリアに絞り込んで宿泊施設を探す方が良いかもしれません。

移動手段によっても限られた日数と時間の中で、費用やプランが変わってきます。
電車や飛行機で移動して、現地でのレンタカーを予約しておくというプランもあります。
最近は鉄道会社や空港でも、こうしたレンタカーとのセットで割引になっていることがありますので、上手に使うと良いでしょう。
ただし、車を運転していく場合は、ワイナリーや酒蔵など、試飲ができない人が必ず必要になりますので、お忘れなく!

多くの場合、宿泊料は、一部屋を何人で利用するかによって、一人当たりの料金が設定されています。
中には、利用する「部屋代」で設定し、決められた人数以内であれば何人でも料金は変わらない所もあります。
少し料金はかかるかもしれませんが、和洋折衷の広い部屋もある所では、グループ内で布団派・ベッド派がある場合などに、どちらでも利用しやすいでしょう。

おすすめリンク

お風呂でのびのび

食事の次ぐらいに興味があるのは温泉・露天風呂などでしょうか? 温泉が大好きで、宿に着いてから早々に温泉に入る人がいます。 湯治ではありませんが、1日に何度も入浴する人がいます。 深夜、浴室を独り占めでいい気分になることもあります。 冬の露天風呂はやっぱり寒いです。

上げ膳据え膳

日頃、食事作りをすることが多い女子にとっては、外食は嬉しいものです。 準備も後片付けもしなくて済みますからね。 ましてや、旅行ということで、非日常性とか、普段とは違う楽しみがあるわけです。 親しい友人と楽しく過ごせるように、体調管理をに気をつけましょう。 特に、おなかの調子が悪いというのは「最悪~!」